防災

多摩川が氾濫したらどうなる?水位ライブカメラ&洪水氾濫シミュレーションの確認方法

日本は、河川の長さが短く、勾配も急であるため洪水が起こる可能性が高い地形となっています。

台風や大雨によって近くの河川が氾濫してしまったら大変ですよね!

うさこ
うさこ

多摩川の近くに住んでるけど川が氾濫してしまったら、どうなっちゃうの?心配だなー。

この記事では、関東の1級河川である「多摩川」のライブカメラの映像を見る方法、リアルタイムの水位を確認する方法、洪水氾濫シミュレーションの見方、ハザードマップについてもご紹介していきます。

多摩川のライブカメラ映像を見る方法

多摩川のライブカメラを確認できるサイトをご紹介します。

多摩川の水位を確認する方法

続いて、水位を確認しましょう。

水位のレベルについて

水位危険度レベル 水位の名称等
レベル5 氾濫の発生
レベル4 氾濫危険水位
レベル3 避難判断水位
レベル2 氾濫注意水位
レベル1 水防団待機水位

大雨時はレベルが低いから大丈夫とは思わず、いつでも避難できる準備をしておきましょう。

洪水氾濫シミュレーションを確認

大雨が降った時、河川のライブカメラや水位を確認することはとても大事です。

しかし、その前にまずは自分のいる地点が、どの河川のどこの場所が氾濫したら浸水する可能性があるのかを確認しておく必要があります。

うさこ
うさこ

どうやって調べればいいの?

それを確認するためには、京浜河川事務所のサイト「多摩川水系洪水氾濫シミュレーション」を確認することをおすすめします。

 

見方

  1. 京浜河川事務所のサイトをクリック
  2. ピンクのボタン「想定し得る最大規模の降雨による洪水氾濫シミュレーション」を選択
  3. 下の「氾濫区域の任意地点から見た浸水状況はこちらをクリック」を押下
  4. 自分の住んでいる場所を地図上でクリック
  5. すると左サイドに下記3つの情報が表示されるのでそれらを確認する
    「浸水深が最も深くなる決壊地点」
    「氾濫水が最も早く到達する決壊地」
    「選択地点を浸水させる全決壊地点」
  6. 「決壊地点」の数字をクリックすると、その場所が地図上で表示されるのでその場所の水位やライブカメラの映像をチェックしていく

ハザードマップを確認

あらかじめお住まいの地域のハザードマップを確認しておきましょう。

こちらから確認できます。

ハザードマップポータルサイト

「重ねるハザードマップ」とは
調べたい住所を入力することにより、洪水や土砂災害、津波、道路防災情報を同じ地図上で重ねて表示することができます。
「わが街ハザードマップ」とは
調べたい住所を入力すると、その地域(区市町村)の行政が作成したハザードマップを閲覧することができます。

はじめに「わがまちハザードマップ」をチェックし、ハザードマップが作成されてない地域の場合は「重ねるハザードマップ」をチェックするといいでしょう。

まとめ

多摩川のライブカメラや水位の情報をまとめましたので、参考にしてみてください。

川が氾濫してからでは遅いです。

早めの行動を心がけましょう。

 

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
kotopapa/kotomama
神奈川県在住。 30代夫婦。 理想の注文住宅を建てるために奮闘中。