妊娠・出産・育児

【妊娠中期編④】妊娠中に守った、5つだけのルール

こんにちわ。
ことちゃんママです。

今日は、「妊娠中に守った、5つだけのルール」のお話しです。

前記事「安定期っていつ!?旅行に行った話」はこちら

妊活記事はこちらから。

**************

「妊娠中食べてもいいもの・だめなもの」

こんな記事をよく目にしますが、
ものによってはとっても細かく書かれていて、
こんなの守っていたらごはん食べれないよ
みたいなものありませんか?

私は大雑把な性格だということもあり、
こんなたくさんのルールを守る事はできませんでした。

5つのルール

というわけで、ずぼらな私が、
私なりに決めた5つのルールをお話したいと思います。

====================

◆たばこは吸わない

◆アルコールは飲まない

◆生肉は食べない

◆カフェインは摂り過ぎない

◆車の運転はしない

====================

 

◆たばこは吸わない

たばこはもともと吸わない&嫌いなので、
特に制限はしていませんが、
たばこを吸っている人がいるところにも
極力行かないようにしました。

 

◆アルコールは飲まない

先生は
「別に1杯2杯飲んでも構わないよ」
「二日酔いは困るけどねー」という感じでしたが笑、
私は徹底して飲みませんでした。
1度自分に許してしまうと、
止まらなくなりそうだったので。

 

◆生肉は食べない

これは比較的食べ物に関してゆるい先生が
「生肉だけは食べないように」と言っていたので、
守っていました。
ユッケやハンバーグのレアもだめだよと。

よく、生魚もよくないと言う人がいますが、
私は特に気にせず食べていました。
なのでよくお寿司も行っていました。
一応、マグロだけは食べ過ぎないように気をつけていましたが。

 

◆カフェインは摂り過ぎない

これも先生は、
摂り過ぎなければ良いという考えだったので、
量を守って飲んでいました。
コーヒーなら1日1杯まで、
お茶は2~3杯まで。
妊娠したからカフェインは一切摂らない
という人もいると思いますが、
私は仕事中、
カフェオレを飲むのが結構好きだったので、
コーヒーを禁止してしまうと
それこそストレスになると思い、
飲み過ぎない程度に飲んでいました。

 

◆車の運転はしない

母親教室の時に先生から聞いた話なのですが、
昔先生の知り合いで流産をしてしまった人がいたそうです。
(患者さんではなかったそうです)

その人は姑さんとうまくいっていなかったようで、
夜な夜なストレス発散のために
ドライブに出かけていたらしいのですが、
ある日流産してしまったそうです。
彼女にとって車の運転は得意なことで、
ストレス発散だと思って行っていたそうですが、
それが良くなかったのではないかと先生は言っていました。
車の運転って結構神経使うんですよね。
もちろん、姑さんとうまくいってなかったこと自体も
ストレスだったとは思いますが、
夜中に長時間運転することで、
昼も夜もずっと気を張った状態になり、
子宮によくなかったのではないかと言っていました。

その話を聞いて、
車の運転は控えようと思いました。
ただでさえ、運転は得意な方ではないので。
そしてストレスを溜めないようにしようとも思いました。

 

そんな感じで、
妊娠中の食事や行動はガチガチに縛らず、
この5点だけを守って過ごすことにしました。
ガチガチに縛ることでストレスになっては意味ないですからね。

 

つわりも未だはっきりとした原因が分かっていないように、
妊娠・出産に関しては解明されていないことがたくさんあるみたいです。

こんなに世の中、医療が進歩しているのにホント不思議ですよね。

 

そういうわけで、
「先生に言われたこと」と「自分で調べたこと」から決めた
この5点のルールを守ることにしました。

 

つづく・・・

スポンサーリンク
ABOUT ME
kotopapa/kotomama
神奈川県在住。 30代夫婦。 理想の注文住宅を建てるために奮闘中。