妊娠・出産・育児

【妊娠中期編①】途中で産院変えました

こんにちわ。
ことちゃんママです。

今日は、「途中で産院変えました」のお話しです。

前記事「私がつわりで傷病手当金をもらった話」はこちら

妊活記事はこちらから。

**************

みなさんは、産院はどのように選びましたか?

私は、ある事情から妊娠中期に入ってから産院を変えることになりました。

これから産院を選ぶ方、転院を考えている方の参考になればと思います。

 

産院の種類

そもそも産院には3種類あります。

  1. 総合病院
  2. 個人病院
  3. 助産院

 

私は当初この3つの違いをよく理解せず、
引っ越した先で評判の良さそうだった個人病院に決めました。

そしてその後、環境と気持ちの変化から
助産院で産むことにしました。

 

それぞれメリット・デメリットがありますので、
まとめたいと思います。
私が個人的に調べたり感じた内容を含みますので、
多少の偏見はあるかと思いますがお許しください。

 

まずはこの3つの違いについてです。

 

費用は安い総合病院

総合病院は名前の通り、
色々な科が総合的に集まっている病院です。
よく聞く市立病院とかがそれにあたります。
産婦人科だけでなく色々な科が集まっているので、
麻酔専門の先生がいたり、
小児科の先生がいたりと
医療的な面では一番充実しているので、
万が一、出産のときに何かあってもすぐに対応が可能です。

しかし、大きい病院なので産婦人科の先生も沢山います。
なので毎回診察のたびに先生が変わることもあります。
私は実際に総合病院にかかっていないので
詳しいことはわからないのですが、
友人や妹の話によると毎回診察の待ち時間が長い、
陣痛がきて病院に行ってもベッドが空いていなければ
待合室で待たなければいけなかったり、
陣痛時に助産師さんや看護師さんは
ずっとついていてくれるわけではなく
一人で耐えなければいけなかったりと
大きい病院ならではの大変さがあるようです。
ただし、費用としては安め。

 

費用が高い個人病院

個人病院は○○クリニックとか○○産婦人科院といった
産婦人科専門の個人病院です。
大概のところは院長先生と数人の先生がいて、
助産師さん看護師さんで成り立っているところです。

妊婦検診から出産まで同じ先生が診てくれて、
私が行っていたところでは毎回エコー写真(2D・3D)を
データでも写真でもくれるような所でした。
また、検査もかなり念入りにしてくれましたし、
怖い助産師さんがいて笑、
体重管理も厳しく言われたりしました。

妊娠に関してはとても手厚くよかったのですが、
ただ、とにかく費用が高かったです。
地域や病院にもよるかと思いますが、
毎回妊婦検診補助券を使っているのにも関わらず
何千円ととられました。
ほぼ毎回です。
検査が多いときは1万円近く取られる時もありました。
分娩費用・入院費用自体もとても高かったです。
その割に受付の人の態度があまり感じが良くなく、
助産師さんは怖い人もいるし、
入り口を入ってすぐのトイレの匂いがこもっているのが
ずっと気になっていました。

私が転院した一番の大きな理由は、
妊婦生活がやっぱり大変で里帰り出産にしたい
ということで転院することにしたのですが、
上記のことも理由の1つにはなっていました。

 

病院ではない助産院

そして3つめの助産院。

助産院には医師はおらず、
看護師さん・助産師さんだけで成り立っている院で、
自然分娩のみを取り扱っています。

助産院の一番のデメリットは
なんといっても医療行為ができないということです。

つまり、出産時に急に帝王切開に変更とか、
陣痛促進剤を使うとか、
そういった医療行為は一切できないのです。

 

ですが結局、私は助産院で産むことに決めました。

 

その理由を次でお話したいと思います。

 

つづく・・・

スポンサーリンク
ABOUT ME
kotopapa/kotomama
神奈川県在住。 30代夫婦。 理想の注文住宅を建てるために奮闘中。