妊娠・出産・育児

【赤ちゃん用品編】出産前に用意しておくといいものリスト

こんにちわ。
ことちゃんママです。

陣痛がはじまると出産までは一直線。

そして退院した後も赤ちゃんにかかりっきりになります。

外出もできなくはないけど、
今までのように自由にというのはなかなか難しいです。

なので、陣痛が来る前に一通りの
赤ちゃん用品・産後用品をそろえておく必要があります。

 

今日は出産前に準備しておくべきものについて、
私が実際に必要だと思ったもの、
そうではないものをお話したいと思います。

【赤ちゃん用品編】

++++++++++++++

◆着るもの

◆おむつ

◆使用済のおむつを入れる袋

◆おしりふき

◆バスタオル

◆ガーゼ

◆ベビーバス

◆ベビーソープ

◆沐浴用の大きめガーゼ

◆綿棒

◆消毒液

◆寝るところ(クーファン、ベビーベッド)

◆爪切り

◆哺乳瓶

◆ベビーカー

++++++++++++++

では、一つずつ説明したいと思います。

 

◆着るもの

ロンパースと肌着ですが、少し多めに用意しておいた方がいいと思います。

ミルクを吐いて濡れてしまったり、
お風呂上りに用意しておいた新しい洋服の上でおしっこされてしまったりと、
1日に何度も新しい洋服に取り換えていました。

私たちは、すぐに大きくなるからと
あまり枚数を用意していなかったのですが、
結局買い足すことになりました笑。

それから、退院時に赤ちゃんをくるむもの
(冬場なら厚手のおくるみ・夏場は薄手のもの)は
1枚持っていた方がいいと思います。

 

◆おむつ
◆使用済のおむつを入れる袋
◆おしりふき

おむつですが、新生児用は「3000gまで用(3S)」と
「5000gまで用(SS)」の2種類があります。
基本的には「5000gまで用」を用意しておけば問題ないと思いますが、
ことちゃんのように、予想外に小さく産まれてきた場合、
「3000gまで用」を急きょ用意する必要が出てきます。
まあ、大きい分には前を折って履かせることもできるし、
後々使うことができるので、
大きいものを用意しておく方が無難かもしれません。

どちらにしろ、おむつは退院後すぐに使用するものなので
準備しておく必要があります。
それと併せて、使い終わったおむつをいれる袋なりごみ箱も
用意しておくといいと思います。
普通のごみ袋でも大丈夫だとは思いますが、
防臭効果があるものの方が匂いが気にならなくて良いと思います。

そして、おしりふきも忘れずに。
私は用意しておくのを忘れてしまったので、
急遽妹が甥っ子たちに使っていたのを借りて、
すぐに旦那ちゃんに買いに行ってもらいました。

 

◆バスタオル

お風呂あがりに使うのはもちろんですが、
出産が冬だったこともあり、産まれてすぐは、
1日中バスタオルにくるんでいました。
また、バスタオルもおしっこをもらされたりと、
結構汚れるので多めに用意しておいたほうがいいかと思います。
大きくなってからも使えるものなので多い分には困らないと思います。

 

◆ガーゼ

ミルクを哺乳瓶であげる場合には必須です。
口元をおさえてミルクが洋服にこぼれるのを防ぎます。
使う場合は、多めの枚数があったほうがいいと思います。
母乳だけで育てる人にはあまり必要ないかもしれません。

 

◆ベビーバス

ビニール製のベビーバスがおすすめです。
空気をいれて膨らませて使います。
空気をいれるのが少し大変ですが、空気を入れるのは最初だけですし、
使わなくなった時にはたたんでしまえるので便利です。
ベビーバスは1か月ほどしか使わないので
安くて場所をとらないものがいいと思います。

 

◆ベビーソープ

これもすっかり買うのを忘れていて、
出産後、旦那ちゃんに買いに行ってもらいました。

 

◆沐浴用の大きめガーゼ

沐浴するときに赤ちゃんの体にかけて使います。
これがあるのとないのとでは、赤ちゃんの安心感がだいぶ違うようです。
ただ、これはベビーバスに入れているときの1か月しか使用しないので、
少ない枚数で十分かと思います。

 

◆綿棒
◆消毒液

お風呂上りにおへその消毒に使います。
最初のうちはへその緒がまだ残っていて、
乾燥しておらず、消毒は必須だと思います。
ただ、使うのは最初のうちだけで、
へその緒がポロっととれてからは、消毒液はほとんど使いませんでした。
ことちゃんの場合は、生後2週間ほどでとれました。
綿棒は耳の掃除だったり、
便秘気味になったときにおしりの穴をこちょこちょするのに使いました。
これからもまだ使うと思います。

 

◆寝るところ(クーファン、ベビーベッド)

私の家では、昼間過ごすときにはクーファンで、
夜寝るときは布団に寝かせるようにしています。
お家の環境次第だとは思いますが、
赤ちゃんが快適に過ごせる場所を確保する必要があります。

 

◆爪切り

ことちゃんは産まれたときには、
すでに爪がかなり伸びていました。
顔をひっかいてしまってはよくないので、
入院中助産師さんに切ってもらいました。
家に帰ってからも1週間に1度は切った方がいいよと言われたので、
あらかじめ準備しておくといいと思います。

 

◆哺乳瓶

これは人によると思います。
私の場合はことちゃんが小さく、
ミルクとの併用を余儀なくされたため哺乳瓶があってとても助かりました。
ただ、完全母乳で育てる人にとってもは必要ないものです。
どのように育てたいか(完母なのかミルク併用なのか完ミなのか)によって、
いるかいらないか変わってくると思いますので、よく検討してください。

 

◆ベビーカー

これは出産後すぐに必要というわけではないのですが、
出産前に買っておいてよかったと思ったものです。

なぜかというと、ベビーカーはものすごく種類がたくさんあって、
選択肢が豊富です。
機能や重さ、色など本当に様々でした。
ベビーカーは後々必ず使うものなので、
一番使うママが気に入ったもの・使いやすいものを
買う必要があると思います。
じっくり選ぶためにも出産前の自由に動けるときに
買っておくとよいと思います。

私は、臨月に入ってから買いに行きました。
ベビーカーのどんなところを見ればいいのかも
さっぱりわからない状態で行ったのですが、
店員さんがかなり時間をかけて丁寧に教えてくださったので、
自分が使いやすい、とても気に入ったものを購入することができました。
赤ちゃんが産まれた後に買いに行っていたら、
こんなに十分な説明を受けることができなかったのではないかと思います。
先に買っておいてよかったです。

 

*****************

以上が赤ちゃん用に必要だと思ったものです。

次の記事では、自分用に必要だと思ったものを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
ABOUT ME
kotopapa/kotomama
神奈川県在住。 30代夫婦。 理想の注文住宅を建てるために奮闘中。