節約

簡単に続けられる節約術|固定費を年間14万円も削減する方法

fixed-cost-reduction

一度はみなさんも「家計簿をつけて無駄な出費を節約しよう」とチャレンジしたことがあるかと思います。でもこれって続きませんよね。僕も何度か挑戦していますが家計簿をつけても続きませんでした笑

「レシートを集めても記入するのが面倒」だったり、「どれも無駄な出費に思えない」などと途中で諦めてしまいますよね。

同じように節約をしようとして家計簿をつけるところで断念した人は多いと思います。
ですので、ここでは「きっちりやらない」でも「1万円は確実に節約できる」方法をご紹介していきます。

・確実に無理せず節約する方法
・固定費を下げる方法

固定費の節約が簡単で効果大

まず節約するのに一番効果的なこととして固定費を見直すことをおすすめします。

固定費は毎月必ずかかってくる費用のことです。固定費は一度節約してしまえば次からも何もせずに節約が続くことになるので楽に節約することができます。

節約できる固定費

・インターネット代
・携帯電話代
・電気代
・ガス代

これらの固定費をひとつずつ見直していきましょう。

インターネット料金を節約する

net-saving

インターネットではフレッツ光を利用している人ほど料金を改善できる可能性は高いです。

方法は2つです。

それぞれ解説していきます。

光コラボに切り替える

フレッツ光を利用している人は光コラボに切り替えると契約内容によりますが、インターネット料金がおおよそ3,000円/月ほど安くすることができます。

ここでは光コラボの詳しい説明は省略しておきますが、プロバイダが回線の卸を受けることで光回線を提供できるのが光コラボです。卸を受けたことで独自の料金でインターネットが提供でき、フレッツ光よりも安価な提供が可能になりました。

卸を受けているだけなので品質は変わりません。およそ年間で3万円の節約ほどの節約がインターネットを切り替えるだけでできるのでやっておきましょう。

net-saving
インターネット料金を安くする方法|年間で3万円の節約節約は固定費を削減することで効果が大きくなります。そのひとつにインターネット料金があり、人によっては年間3万円も安くすることができるので一度見直してみましょう。本記事ではインターネット料金が3万円安くする方法をご紹介します。...

WiMAXなどのモバイルWi-Fiに切り替える

WiMAXなどのモバイルWi-Fiに切り替えるとさらに料金は下がります。ただし月の通信制限などもあるので一概に無線機器に切り替える方が良いとは言えません。

申込をすると専用のモバイルWi-Fiが家に届き、そのモバイルWi-Fiに最寄りの基地局から無線でインターネットが届きます。この機器からWi-Fiが発信されてインターネットが使えるようになります。

こちらは物理的な回線がない分もっと安価になり、およそ2000円近くは下げられます。

どのサービスが良いか

WiMAXは安く工事費がかからないため、引っ越しの予定がある場合にはかなりお得です。ですが、エリアによっては電波が入らない場合や、フレッツ光の契約期間によっては違約金が出るので注意が必要です。

光コラボではどちらかというと料金が高いですが、回線の速度は早く、ネットが安定していて通信制限もありません。

どちらが良いかはそれぞれの利用方法によって異なります。またどのプロバイダが良いかは比べているときりがないないので、すでに固定回線を敷いてる人は同じプロバイダの光コラボ。賃貸に住んでいる人はWiMAXもあり。くらいにざっくりと変更してしまうのが良いです。

早めに切り替えるのがお得なので比べることに時間をかけずにいきましょう。

スマホ料金を節約する

smartphone-savings

携帯電話は格安スマホと呼ばれるものに替えることで月々の料金を抑えることができます。格安スマホにするとおよそ月々2000円くらいです。ドコモやソフトバンクなど大手キャリアを利用すると7,000円~9,000円近くはなります。

格安スマホにするだけで5,000円は節約ができます。年間6万円の節約です。通信制限も固定回線を自宅に敷いていれば気にせずに利用できます。

またインターネットを提供しているプロバイダにも格安スマホを出している所があり、契約をまとめると割引が付いたり請求がインターネットとまとまったりします。

大手通信キャリアのスマホを使っている人は格安スマホに切り替えましょう。

電気代を節約する

electricity-saving

近年、電気は自由化されていて一般企業が卸を受けて販売するようになりました。それを新電力と言います。

で、この新電力ですが料金が確実に安くなります。安くならないと切り替える意味がありませんから事業者は安くなるように提供をしています。そして新電力は電気使用料が多い人ほど得をします。

一番のおすすめはHTBエナジーの50Aの契約です。なんと基本料金が東京電力の半額になっていて従量課金も東京電力より格段に安い金額設定になっています。

東京電力からHTBエナジーに切り替えれば年間5万円も安くなります。月間4,000です。これも切り替えるだけで安くなるのでやらない手はないですよ。

electricity-saving
電気代の節約に電力会社を変える|年間5万円の節約術電気代の節約には電力会社の変更が効果的です。一度切り替えてしまえば年間で5万円も節約することができます。本記事では電力会社の変更方法からおすすめの電力会社までをご紹介しています。電気代の節約をしたい人は必見です。...

ガス代を節約する

gas-saving

電気と同様にガスも自由化が始まりました。

電力と同様にガスも確実に安くなるように料金設定が組まれています。

ガスのおすすめ事業者は今後詳しくまとめていきますが、切り替えるだけで確実に安くなるので早めに切り替えてしまいましょう。

まとめ:固定費の節約で年間14万円の削減は簡単に継続できる

summary

いかがだったでしょうか。今回ご紹介した固定費4つを切り替えるだけで簡単に年間14万円の節約ができてしまいます。

固定費の節約代

・インターネット代:年間3万円
・携帯電話代:年間6万円
・電気代:年間5万円
・ガス代

利用する企業を切り替えるだけで月1万円以上が節約ができるのです。一度切り替えれば何もしなくても節約ができるのです。やらない手はありません。

今回ご紹介した中でやっていないものがあれば是非やってみてください。浮いたお金で美味しいものを食べることもできますし、投資の資本金にすることもできます。

節約は投資と一緒で早めにやることが効果的です。簡単なのでまずはひとつ消費が大きいものからやってみましょう。

スポンサーリンク