税金・助成金

住宅ローン控除で必要な書類と手続き|やっておくべき初年度の確定申告

mortgage-deduction-procedure

マイホームを購入するのに住宅ローンを組んだら住宅ローン控除を受けることができます。ですが、住宅ローン控除は初年度に自分で確定申告をしなければいけません。

普通にサラリーマンをしていて急に確定申告と言われると難しく感じますが、実際にはそれほど難しいものではなく、書類さえ揃えれば簡単に確定申告できてしまいます。

本記事では住宅ローン控除のためにやっておくべき確定申告に必要な書類と手続きについて解説していきます。

住宅ローン控除とは

mortgage-deduction

住宅ローン控除とは、マイホームを購入や建て替えをした際に住宅ローンを借りた場合、年末時点で残っている住宅ローンの1%(最大40万円)が、所得税もしくは住民税から控除される制度です。

住宅ローン控除は10年に渡って適用されるので年間最大40万の控除を受け続ければ、10年間で400万円もの控除を受けることができます。

400万円もの控除と聞くとその効果の大きさを実感しますよね。マイホームを住宅ローンで購入した場合には必ず住宅ローン控除の申請を行いましょう。

attention-of-mortgage
無謀な住宅ローンで後悔しないために!知っておくべき5つの注意点マイホームを建てる時に多くの人が利用するのが住宅ローン。この住宅ローンで後から後悔するケースがあります。住宅ローンで後悔しないために知っておくべき5つの注意点をまとめました。...

住宅ローン控除を受けるために必要な書類

document

まず住宅ローン控除を受けるために必要な書類を確認しておきましょう。あまり見慣れない書類なので難しく感じてしまいますが、簡単に取得できます。

書類 入手方法
住民票の写しorマイナンバーカード 自治体
源泉徴収票 職場
住宅ローン残高証明書 金融機関から郵送される
建物・土地の登記事項証明書 購入時に司法書士から取得
もしくは法務局で取得
建物・土地の不動産売買契約書の写し 購入時に不動産屋から取得
認定長期優良住宅証明書
(長期優良住宅のみ)
購入時に不動産屋から取得

マイナンバーカードがあれば住民票の写しも必要なく、確定申告をネットで終わらせることができるので便利です。

最近はマイナンバーカードできることも増えているので、早めに作っておくと何かと便利です。マイナンバーカードでできることはこちらの記事を参考にすると良いですよ。

書類はすべて再発行が可能ですが、取得に時間がかかってしまうので、紛失した場合には早めに再発行を依頼するようにしましょう。

住宅ローン控除を受けるための手続き

procedure

年間最大40万円もの控除を受けることができる住宅ローン控除ですが、適用されるためには手続きが必要です。住宅ローン控除を受けるための手続きを順番に見ていきましょう。

初年度は確定申告が必要

住宅ローン控除を受けるためには、マイホームを購入した翌年に確定申告をする必要があります。この確定申告は2年目以降は不要で、初年度だけ必ず必要となるので、忘れずに期間中に確定申告をするようにしましょう。

記入する確定申告書

・確定申告書(A書式)
・住宅借入金等特別控除額の計算明細書

確定申告をする際には上記の2つの書類を記入して提出する必要があります。両方とも国税庁のHPからダウンロードが可能です。記載方法も国税庁の記入例を確認しながら進めるのが確実です。

とは言いつつもぱっと見ではわかりにくいですよね。ですが、実際に記入する書類と記入例を見比べれば意外と簡単に記入ができます。記入に必要な項目は源泉徴収票や住宅ローン残高証明書にはっきりと書かれているのでスムーズに進みます。

確定申告を提出する際にはマイナンバーカードがあればオンラインでできますが、初めての確定申告だと不安なことも多いですよね。対象エリアの税務署に行けば記入内容に漏れがないかをチェックしてもらうことができるので、提出前に確認してもらうことをおすすめします。

2年目以降は年末調整

会社員の場合は2年目以降は年末調整だけで住宅ローン控除を受けることができます。

確定申告をすると税務署から住宅借入金等特別控除申告書が届きます。この住宅借入金等特別控除申告書を会社に提出することで住宅ローン控除を受けることができるようになるのですが、注意点があります。

住宅借入金等特別控除申告書は残りの年数分がまとめて送られてくるため、年末調整の際に全てを添付して提出したり、紛失してしまわないように注意しましょう。

period-until-contract
注文住宅で契約するまでの期間と注意点|家づくりの8割は契約までに決まる注文住宅を建てる時に気になるのが建設会社と契約までにかかる期間です。契約してしまうと家づくりの8割はほぼ決まってしまうので慎重に行う必要があります。本記事で注文住宅での契約までの期間と注意点について解説しているので参考にしてください。...
スポンサーリンク