妊娠・出産・育児

【新生児落屑・脂漏性湿疹・乳児湿疹】皮が剥けてぷつぷつ出てきたお話

こんにちは。

ことちゃんママです。

今日は、生後まもないことちゃんの皮膚が剥けてぷつぷつ出てきたお話です。

この記事では、新生児落屑・脂漏性湿疹・乳児湿疹を一気に経験したことちゃんの症状をご紹介します。

新生児落屑とは

生後2,3日で、ことちゃんの皮膚が
ちょっとずつ剥けてきました。

胴体や腕、足、しばらく経つと顔や頭も剥けてきました。

これは新生児落屑(しんせいじらくせつ)と呼ばれるものらしく、
新生児に見られる生理現象です。

お腹にいた時は、
羊水に浸かっていたので皮膚が潤っているのですが、
産まれてくると空気や光にさらされ
乾燥していくために皮膚がはがれていくんだそうです。

人によっては剥がれることなく成長する子もいるようです。
(というか、今まで新生児を何人か見てきましたがこんなに剥がれてる子はことちゃんが初めてでした)

乾燥が原因というより、
成長のために皮膚が追いつかず、
脱皮してるんじゃないかと思うくらい、
どんどん全身の皮が剥けていきました。

特に顔の皮が剥けていくときは、
(実際は痛くないけれど)痛々しく思えてしまいました。

通常は生後1,2週間できれいに剥がれ落ちるそうなのですが、
ことちゃんはなかなか時間がかかり
結局1ヶ月半ほどかかって全身剥けました。

脂漏性湿疹とは

ことちゃんは脱皮している最中笑、
眉毛のあたりに白っぽい・黄色っぽいポロポロとした塊が出るようになりました。
助産院で診てもらうと、「脂漏性湿疹だね」と言われました。

脂漏性湿疹とは、皮脂の分泌が多い脂漏部位(髪のはえぎわ、まゆげ、鼻のわきなど)にできるカサカサした湿疹のことを言います。
ことちゃんはそこまでひどくはならなかったのですが、
石鹸でよく洗い、保湿するようにと言われました。

乳児湿疹とは

全身の皮が剥けてきた頃(生後2週間頃)
それと同時に頬のあたりにぷつぷつとニキビのようなものが出てきました。
掻いたりはしていなかったのですが、
だんだん首の周りにも出てくるようになりました。
顔の皮も剥けてる途中で、赤いぷつぷつも出てきたので、
かわいそうになってしまい、病院に行くことにしました。

先生に診てもらうと、
「乳児湿疹だね、赤ちゃんにはよくあることなので心配しなくていいですよ」
と言われました。

また、「お風呂の時に、よく石鹸で洗うように」と言われました。

そうそう、この時がはじめての病院で、
ことちゃん病院デビューでした。

どの病院にしようかと悩みましたが、
ネットで診察の予約ができるクリニックがあり、
そこへ行ってみることにしました。

実際に行ってみると、
クリニック自体もきれいで、駐車場もありました。

そして何よりそこの先生がとにかく優しくて、
話し方とかもすごく丁寧で、
私たち夫婦のお気に入りになりました。

そんな感じで診察を受け、薬も出してもらいました。

友達の話だと、乳児湿疹は赤ちゃん特有ですぐ治るものだからといって
薬を出してくれない病院もあるらしいのですが、
ここのクリニックではちゃんと薬を出してくれました。

それから乳児医療証を使用したので、診察代も薬代も無料でした。

まとめ

新生児落屑・脂漏性湿疹・乳児湿疹が同時に出てしまったことちゃん。

家でやったことは、「お風呂の時に石鹸でしっかり洗い・ゆすぐ、もらったお薬を塗る」くらいでした。
それでも生後2か月経つ頃には、ぷつぷつしたり皮がむけたりしたものは、ほとんどなくなりきれいになりました。

先生の言うように、あまり心配しすぎなくて大丈夫でした。

とはいえ、皮膚が剥けきらなかったり、湿疹が増えてきたり、
最初のうちはちょっとしたことでも心配で心配でしょうがありませんでした。

かかりつけ医を見つけておくだけでも
不安な気持ちは軽減されるので、早めに小児科を探しておくことをお勧めします。

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
kotopapa/kotomama
神奈川県在住。 30代夫婦。 理想の注文住宅を建てるために奮闘中。