妊娠・出産・育児

新生児落屑を剥いてしまった?保湿しない方が良い?対処法を紹介

赤ちゃんが産まれてからちょっとしたことでも悩みは尽きないものですよね。色々な悩みがありますが、お肌の悩みも意外と多く出てきます。私の娘も生後まもないころに皮膚が剥けてぷつぷつ出てきました。

今回は、新生児におけるお肌の悩みである新生児落屑について娘が経験したことをご紹介します。新生児落屑を剝いてしまったり、保湿をした方が良いのか気になるところや、同じ時期に発生したお肌のトラブルも一緒にご紹介していくので参考にしてみてください。

新生児落屑(しんせいじらくせつ)とは

生後2~3日ごろから全身の皮膚がぽろぽろと少しずつ剥けてくる症状を新生児落屑(しんせいじらくせつ)と言います。私の娘も胴体や腕、足、しばらく経ってから顔や頭も剥けてきました。

突然、全身の皮膚がぽろぽろと剥け始めると驚きますよね。新生児落屑は新生児に見られる生理現象で、お腹では羊水に浸かっていたことで皮膚が潤っているものが、産まれてきて空気や光にさらされることで乾燥していくために皮膚が剥がれていくことで起きます。そのため、「自分の子だけ?」と不安になりますが、病気などではなく一般的に起こり得るものなので安心してください。

人によっては剥がれることなく成長する子もいるようです。(今まで新生児を何人か見てきましたが、こんなに剥がれてる子は娘が初めてでした。)

私の娘は乾燥が原因というより、成長のために皮膚が追いつかず、脱皮してるんじゃないかと思うくらい、どんどん全身の皮が剥けていき、特に顔の皮が剥けていくときは、(実際は痛くないけれど)痛々しく思えてしまいました。通常は生後1,2週間できれいに剥がれ落ちるそうなのですが、娘はなかなか時間がかかり結局1ヶ月半ほどかかって全身剥けました。

新生児落屑を剥いてしまった場合

新生児落屑を見ると早く剥がしてあげたくなりますが、無理に剥がさずに自然ときれいになるまで何もしないようにしましょう。無理やり剥がしてしまうと炎症を起こしてしまう原因になるそうなので、沐浴などで身体を拭いたことがきっかけで剥いてしまった時には、いったん様子を見て、炎症が起きたり気になるようであれば小児科に受診するようにしましょう。

新生児落屑は保湿しない方が良い?

新生児落屑を見ると、乾燥していることから保湿をしてしまいたくなります。しかし、保湿をすると逆に皮膚が剥がれにくくなることから剥がれている最中は保湿はしない方が良いそうです。一通り剥がれ落ちたら保湿してあげましょう。

ただし、新生児落屑以外にも皮膚のトラブルは発生しやすいので、他の症状が見られる時は小児科に受診してかかりつけ医に相談しながら保湿をするか判断するようにしましょう。

atopig(アトピッグ) 

新生児によく起きる皮膚のトラブル

新生児落屑以外にも赤ちゃんには皮膚のトラブルが起きやすく、実際に娘も新生児落屑が起きている最中や、終わった後にも皮膚トラブルが起きました。ここで新生児によく起きる皮膚トラブルも見ておきましょう。

脂漏性湿疹

私の娘は脱皮している最中に眉毛のあたりに白っぽい・黄色っぽいポロポロとした塊が出るようになりました。助産院で診てもらうと、「脂漏性湿疹だね」と言われました。

脂漏性湿疹とは、皮脂の分泌が多い脂漏部位(髪のはえぎわ、まゆげ、鼻のわきなど)にできるカサカサした湿疹のことを言います。娘はそこまでひどくはならなかったのですが、石鹸でよく洗い、保湿するようにと言われました。

 atopig(アトピッグ)

乳児湿疹

全身の皮が剥けてきた頃(生後2週間頃)それと同時に頬のあたりにぷつぷつとニキビのようなものが出てきました。掻いたりはしていなかったのですが、だんだん首の周りにも出てくるようになり、顔の皮も剥けてる途中で、赤いぷつぷつも出てきたので、かわいそうになってしまい、小児科に行くことにしました。

先生に診てもらうと、「乳児湿疹だね、赤ちゃんにはよくあることなので心配しなくていいですよ」と言われました。また、「お風呂の時に、よく石鹸で洗うように」と言われました。

良いかかりつけ医を早めに見つけておくと安心

娘は助産院で出産したので、この時が病院デビューでした。初めてなので、どの病院にしようかと悩みましたが、何より先生がとにかく優しくて、話し方もすごく丁寧で、夫婦でとても安心してお話を聞くことができました。

赤ちゃんが生まれたばかりだと、少しのことでも心配になってしまい、「こんなことで受診して良いのかな」と悩んでしまいがちですが、良い先生は「ちょっとしたことでも良いから気になったら受診してくださいね」と言ってくれます。

ネットで診察予約ができたり、設備がきれいで駐車場もある病院はたくさんありますが、やはり先生によっては冷たかったり相談しにくかったりするので、気になったことができた時点で早めに受診して良い先生がいるかかりつけ医を早めに見つけておくと、安心して子育てをすることができます。

娘の時も「こんなことで受診して良いのかな・・」という感じで診察を受けてみたら、とても親切な対応をしてもらい、友達の話だと乳児湿疹は赤ちゃん特有ですぐ治るものだからと薬を出してくれない病院もあるらしいのですが、念のためと薬も出してもらえました。その時だけでなく、何かあった時には今後も相談しやすくなるので、丁寧な対応をしてくれる病院を見つけておくのがおすすめです。

まとめ

新生児落屑・脂漏性湿疹・乳児湿疹が同時に出てしまった娘ちゃんですが、家でやったことは、「お風呂の時に石鹸でしっかり洗い・ゆすぐ、もらったお薬を塗る」くらいでした。それでも生後2か月経つ頃には、ぷつぷつしたり皮がむけたりしたものは、ほとんどなくなりきれいになりました。

先生の言うように、あまり心配しすぎなくて大丈夫でした。とはいえ、皮膚が剥けきらなかったり、湿疹が増えてきたり、最初のうちはちょっとしたことでも心配で心配でしょうがありませんでした。かかりつけ医を見つけておくだけでも不安な気持ちは軽減されるので、早めに小児科を探しておくことをおすすめします。

atopig(アトピッグ) 

スポンサーリンク