間取り

スキップフロアの間取りを活かした収納!後悔ポイントをプラスに変える家造り

skip-floor-storage

スキップフロアがあるお家を見るとオシャレに見えて、理想のマイホームでも取り入れたくなりますよね。しかし、実際にスキップフロアを取り入れても、意外と使い方に困ったりします。

そこで考えてみていただきたいのが、スキップフロアの間取りを活かした収納作りです。本記事では、スキップフロアを収納に活かすべき理由と、上手なスキップフロア収納をご紹介していきます。

スキップフロアとは

スキップフロアとは、同じ階層の中に複数の高さの床があり、部屋や区画によって天井の高さが変わる間取りのことです。スキップフロアを取り入れることで、限られた土地でも広い住宅空間を作ることができます。

スキップフロアを取り入れるとオシャレに見えるだけでなく、他にはないオリジナリティあふれる住宅ができることから最近、人気が出ているものの、設計や施工に技術が必要なため、対応できる事業者が限られています。

step
スキップフロア(中二階)のメリットとデメリット|後悔ポイントは音スキップフロアの後悔ポイントは意外と音だったりします。おしゃれなので憧れるものの実際に住んでみないとわからないものです。本記事ではスキップフロアのメリットとデメリットをご紹介します。...

スキップフロアの後悔ポイント

限られた土地でも広く空間を活用でき、オシャレでオリジナリティが出るスキップフロアも、実際に取り入れてみると後悔するポイントが出てきます。

ここでは、わかりやすい後悔ポイントをご紹介していきます。

日常的に使いにくい

住宅が建ってすぐの頃はスキップフロアをふんだんに活用していたものの、しばらく時間が経つとあまり使わなくなってしまうケースがあります。

その原因は部屋の高さです。

skip_explain2

上記の図のようにスキップフロアを作る際には高さに制限があります。1.4mを超えると1階分とみなされるため、スキップフロアの下の半地下のようなスペースや天井裏のようなスペースは1.4m以下の高さになってしまいます。1.4m以下だとほとんどの人は腰をかがめる必要があるので日常的に使用するのが窮屈になってしまうのです。

中2階や中3階にあたる部屋は利用しても、半地下や天井裏にあたるスペースは使いづらいため、半地下は子ども部屋にし天井裏はシアタールームのように使うことが多いです。

計画時は図面上で利用方法を考えるため意識しづらいですが、1.4m以下の高さと認識したうえで使用方法を検討しないと後悔ポイントになってしまうので注意しましょう。

子どもが成長して使わなくなる

子ども部屋にスキップフロアを利用しているのをよく見かけますが、子どもの成長に伴って個別の部屋を使うようになったりと、スキップフロアを使わなくなることが多いです。

さらに子どもが一人暮らしを始めれば、子どものために取り入れたスキップフロアは必要がなくなります。子ども部屋として活用しなくなることも想定しておきましょう。

スキップフロアの間取りを収納に転換する

高さ制限による使いづらさや、利用していた子どもが独り立ちすることで、使わなくなるスキップフロアを最大限に活かせる方法が収納です。

スキップフロアを収納に転換するポイントを紹介していきましょう。

スキップフロアの高さを活かす

収納と言うと、限られた収納スペースを上手に整理して上から下まで綺麗に整える必要がありますが、スキップフロアの場合は広いスペースで高さが1.4m以下になっています。つまり、高いところに荷物をまとめる必要がないので、女性や子どもでもスペースの活用がしやすい特徴があります。

腰高の収納家具を置いても高さがちょうどよく、目一杯スペースを活用できるので、綺麗に整理されているように見えます。

半地下と天井裏で用途を分ける

半地下の子ども部屋や天井裏のシアタースペースを使わなくなった場合には、収納するものを用途に分けて収納しましょう。例えば日常的に使用する頻度が多いものは、半地下のスペース、季節ごとに入れ替えるようなものは天井裏など、普段の生活で使い勝手が良くなる場所で収納するものを変えましょう。

半地下や天井裏のスキップフロアはあまり人の目に触れないため、よく使うものの見えないところに置きたいものや、生活感が出るものを隠すのに最適です。使わなくなったスキップフロアのスペースを活かして収納を作り、他の部屋を広く活用できるように工夫しましょう。

上手にスキップフロアを収納で活用しているイメージ

実際に、スキップフロアを上手に活用されているイメージを見てみましょう。綺麗に収納ができればスキップフロアを使わなくなっても後悔することは無さそうですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちゅらさん(@tabi_career)がシェアした投稿

まとめ

スキップフロアはオシャレで個性的なマイホームを作れるので、注文住宅をするなら取り入れたいものです。しかし、時間が経てば使わなくなることも出てくるので、使わなくなった時の利用方法も検討して計画しましょう。

スキップフロアの高さや広さが収納に向いているので、スキップフロアを導入する際は、最終的に収納に転換するつもりで間取りを計画するのがおすすめです。

注文住宅を計画中の方は、理想の使い方と、使わなくなってからの利用方法を考えてスキップフロアの導入を検討してくださいね。

1process
理想の注文住宅を建てるまで|一連の流れを体系的に解説注文住宅を建てようと思った時、まずなにから始めればいいかわからないという人は多いもの。この記事では、注文住宅を建てる時の一連の流れと、注意するべきポイントを体系的にまとめていきます。注文住宅を考えている人は参考にしてみてください。...
スポンサーリンク