妊娠・出産・育児

育休が取れない時どうしたらいいか|1年以内に雇用が終了するケース

仕事をしていて子供を産んだ時、必ず育休は取れるものと思っていました。
しかし、残念なことに育休が取れないケースもあるのです。

それは以下3つのケースです。

  1. 雇用された期間が1年未満
  2. 1年以内に雇用関係が終了する
  3. 週の所定労働日数が2日以下

今回二人目を妊娠したのですが、育休がとれないケースの2番目「1年以内に雇用関係が終了する」に該当するため育休がとれない状況に陥っています。
ちなみに一人目の時は1番目の「雇用された期間が1年未満」に該当し、数ヶ月育休が取れない状態でした。育休に関してはつくづくツイてないです笑。

二人目に関してはなかなか授からず1年半ほどの妊活を経て、やっと妊娠することができました。もちろん計画的にという思いはありましたが、年齢的なこともあり残りの雇用期間を考慮して妊活を中断するという決断には至りませんでした。そのため、育休が取れないことは承知の上で妊活していたのですが、いざ妊娠し、育休が取れない場合にどうするのが最適か考える必要が出てきました。

というのも、「1年以内に雇用関係が終了する」ために育休が取得できない場合の対処法を調べてみても全然出てきません。
育休が取れるのに会社が取らせてくれない場合は違法です、労基に相談しましょう、とか何かしらの対処法が書かれていますが、上記の3点の場合これといった具体的な対処法が書かれていないことがほとんどです。
それはつまり制度として正しいから素直に受け入れましょう、対応策はありません、ということなのでしょうか・・・。

私の雇用状況についてSNSで質問したところ・・・

私の場合、派遣として1年半働き、その後同じ職場で5年間の雇用という条件のもと契約社員になりました。そのため派遣としての勤務期間も含めれば今年で6年目になるのですが、6年働いていても出産の時点で残りの契約期間が1年に満たないので育休が取れないということになります。

ネット上の質問箱で質問してみたところ、「育休が取れないだけで仕事に復帰すれば退職する必要はない」という回答がきました。確かに条件だけ見ればそのとおりなのですが、生後3ヶ月の子供を抱えながら仕事に復帰すればいいってどういう思考なの?と思ってしまいました。実際、役所にも確認しましたが生後3ヶ月で預けられるところはほとんどなく、また保育園の途中入園もほぼほぼ難しいとのことでした。
私としては産休後すぐの復帰は難しいので、育休が取れない場合はどうしたらいいかということを聞きたかったのですが、ご回答者全員が「育休が取れないだけで仕事に復帰すれば退職する必要はない」と仰っていたので、それにもびっくりしてしまいました。
世の中そのように考えている人が大半なんだなと痛感しました。

今後どうすればいいか考える

そもそも今後も働きたいのかそうではないのかによっても選択肢は変わってくると思いますが、私の場合は「保育園に入れて、また働きたい」という思いでどうするのがいいのか考えていきたいと思います。

まず、産休は法律上取得させることが決められているので、産休を取得するまでは在職したいと思っています。産後休暇取得後、一応保育園の申し込みはしますが、その時点で入れるとは思えないのでそのまま退職になると思います。(ただ、翌年の4月入園の申し込みも時期が来ていれば(だいたい10月〜11月頃)申し込みが可能なので申し込んでおきたいと思っています。)

そこで退職した際、自分都合の退職なのか、会社都合の退職なのか、これが重要になります。なぜ重要なのかというと、この違いで失業手当を受給できる期間が変わってくるからです。調べて見ると妊娠・出産・育児による退職は「自分都合退職」となってしまうのですが、会社都合退職と変わらない手当を受けられる方法があることがわかりました。それが「特定理由離職者」になるということです。

特定理由離職者とは

特定理由離職者とは、「特定受給資格者以外の者であって、期間の定めのある労働契約が更新されなかったことその他やむを得ない理由により離職した者」のこと。
※特定受給資格者とは会社の倒産や会社都合で退職した人

やむを得ない理由に「妊娠、出産、育児のため」というのが当てはまるのですが、妊娠、出産、育児の場合は「受給期間延長措置を受ける」必要があるということがポイントです。受給期間延長措置を受けないとただの自己都合退職となってしまうので気をつけましょう。

受給期間延長措置とは

受給期間延長措置とは失業給付を受けられる「資格」を持っている期間を延長することです。

雇用保険の基本手当(失業手当)は、原則、離職日の翌日から1年以内(以下、「受給期間」という。)の 失業している日について、一定の日数分支給します。しかし、この受給期間内に、妊娠、出産等 の理由により引き続き30日以上職業に就くことができない場合は、その期間の雇用保険は受給できません。そのため、ハローワークに申請することにより、受給期間に、職業に就けない期間を 加えることができ、受給期間を最長、離職日の翌日から4年以内まで延長することができます。

厚生労働省・都道府県労働局・ハローワークHP

そもそも失業手当は、働きたくても働けない(仕事がない)人が次の仕事が見つかるまでの間に受け取ることができる手当です。(もっと細かい条件は多々ありますが)
つまり「いつでも働けますよ!」という状態ではないと手当をもらう資格がないのですが、妊娠・出産・育児の間はすぐに働くことは不可能です。そのため本来だと失業手当を受け取ることができないということになるのですが、上記の受給期間延長措置を受けて「働くことができない期間を延長してもらう」と最長で4年の延長ができることになるのです。(延長ができるだけで給付が増えるわけではありません)
また、受給期間延長措置は退職後30日以降から申し込みが可能になるので、なるべく早めに申請するようにしましょう。

育休が取れない時の結論

個人的には以下のように過ごすのがベストかなと思っています。

出産

産後休暇取得後、退職

退職後30日過ぎたら受給期間延長措置を申請

翌年度4月の保育園の申し込み(11月頃)

4月に保育園に入れたら、求職活動開始(失業手当受給開始)

数ヶ月〜半年で就職先を決める

再就職がこんなにうまくいくかは分かりませんが、流れとしてはこのような感じになるかなと。やっぱり出産前に辞めてしまうのはもったいないので、産休取得までは在籍するのがベストではないかと思います。

とはいえ、6年間も働いてきた職場で育休が取れずにやめざるを得ないなんて、つくづく理不尽な世界だなと思ってしまいました。
自分から望んで非正規雇用になりましたが、出産や育児を控えている20代〜40代の女性にとって非正規雇用はデメリットの方が大きいように感じます。子供がある程度大きくなり手がかからなくなれば非正規雇用でも特に問題がないのかなと思います。

あまり同じ境遇の方はいないかと思いますが、共感頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
ABOUT ME
kotopapa/kotomama
神奈川県在住。 30代夫婦。 理想の注文住宅を建てるために奮闘中。